仕事効率化

OmniFocus 誰でも出来るシンプルなパースペクティブ設定方法

SPONSORED LINK

Of perspectives

OmniFocusの便利な機能パースペクティブ。状況に応じたタスクを表示させることが可能になります。

今回は誰でも出来るシンプルなパースペクティブ設定方法で今出来るタスクの表示について書いてみたいと思います。


便利だと思うパースペクティブ

パースペクティブって一体どんな機能かを考えた場合、GTDが大きく関わってくると思います。

今出来る状態のことを素早く選んで実行するために数多くのタスクの中から絞り出すのがパースペクティブ機能です。

では今出来る事ってどんな事なのかを例にあげてみると

  1. プロジェクトに関係なく所要時間でのタスク表示
  2. 外出時でも出来るタスクの表示
  3. 現在持っている端末で出来るタスクの表示

これらのタスクはコンテキストで分けることも実際は可能なんですが、それもまた面倒ですよね。出来るならば直ぐに表示させて確認できる環境にしておきたいというのがパースペクティブです。

パースペクティブ追加方法

上の例でプロジェクトに関係なく所要時間でのタスク表示とiOSで外出時に出来る作業をまとめたパースペクティブ作成方法を書いてみます。

出来るだけシンプルにと言う事で細かな設定は私はしてません。細かな設定は慣れるうちに弄ってみて下さい。

プロジェクトに関係なく所要時間でのタスク表示

Of perspectives01

終業時間まで残り30分で出来る事ってなんだろう?なんてよくありますよね。ツールバーに追加しておけば直ぐに確認できるので凄く捗ります。

まず30分で出来る事を探す手間がかからないのがいいですね。

 

0.事前準備-タスクに所要時間を入力しておく

これを行うには事前にタスク入力時推定所要時間を入力しておく必要があります。インスペクタを表示させて入力しておきましょう。大体でOKです。

Of perspectives05
 

1.ツールバーの表示から推定所要時間フィルタを表示させる

Of perspectives02

現在実行出来るプロジェクトを選んだ上で(私の場合は実行フォルダ)推定所要時間フィルタをかけます。すると選んだ時間で登録しているタスクが一覧表示されます。

 

2.パースペクティブに登録

タスクが推定所要時間フィルタで表示されている状態で

Of perspectives03

メニューバー(パースペクティブ)⇒ウィンドウを次で保存⇒新規パースペクティブ

Of perspectives04

パースペクティブ名を変更して登録完了です。

 

3.ツールバーにパースペクティブを追加

実際これだけでは表示させるのに手間取ってしまいます。そこで今回作成したパースペクティブをツールバーに入れておきます。

Of perspectives06

ツールバー上で右クリックから「ツールバーをカスタマイズ」を選んで作成したパースペクティブをドラッグアンドドロップで追加しておきましょう。

私は30分以内で出来るタスク・60分以内で出来るタスクの2つを入れています。実際は表示からフィルタをかければいいことなんですが、アイコンクリックのほうが簡単ですしよく使うようになりました。

iOSで外出時に出来る作業

あと便利だと思うパースペクティブは外出時にiPhoneやiPadで出来るタスクのまとめや、外出時にしか出来ないタスクの表示です。

私はこれらをiOSとひとまとめにしたパースペクティブを作成しています。

Of perspectives07

コンテキストの画面からブログ記事・外出時の取材項目・連絡などiPhoneやiPadでもこなせるタスク一覧を表示させて上記の要領で作成して下さい。

Of perspectives08

iPhoneで開いた時にこのように「iOS」というパースペクティブを表示させて出来る事がわかればOKです。

またこのiOSというパースペクティブはMac版のツールバーには勿論入れません。あくまでモバイル・外出用なのでMac版に表示させる意味がないですね。

OmniFocus 2 for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,000(記事公開時)

APP STORE

コンテキストとの使い分け

まぁコンテキストでいいんじゃないのという方もいると思います。実際私もそう思ってました。ですが実際コンテキストとパースペクティブを使い分けると更に捗りました。

コンテキスト:タスクのエリア(役割)・種類によって分ける
例 仕事・プライベート・デザイン・ライティング・学習等

パースペクティブ:時間・使用機器・状態
30分以内・60分以内・Mac・iPhone・カメラ・待ち時間等

こうした住み分けを自分の中でルール付けておけば迷わず使えますし、自分だけの本当に必要なパースペクティブ設定が見えてくるのだと思います。

まとめ

機能はやはり意味があるから付いているんだなぁと記事を書きながら再確認しました。

OmniFocus2のMac版はパースペクティブ機能の有無で値段が変わるようなので、こうなるとパースペクティブ機能は欲しいですし、また出費に悩む @dnc_akiraでした。

関連する人気記事

7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法7つの習慣+GTDをストレスフリーの整理術を元にしたOmniFocus整理法
過去記事

Return Top