仕事効率化

来年の挑戦に向けてスケジュールの組み直し

SPONSORED LINK

Time top

来年に向けての年末は準備期間としてスケジュールの管理を組み直しました。GTD・リマインダーとも連携させたのですが、ここではスケジュール管理について紹介します。


朝型・トレーニングはそのままで詰め込んだ

今回アプリ制作の勉強を始めたいと言うことで日々の時間割を組み直したわけですが、最近スケジュール管理に気に入って使っているのがDailyRoutineです。

過去記事:スケジュール管理にiPhoneApp「DailyRoutine」を勧める理由と使い方

iPhone・iPadの両方で使えるのですがiPad版で表示させておくのが最近の使い方です。

今回の時間割は平日・休日と組み直しました。

 

平日

Time01

朝は一日で一番集中出来るので「朝活」として時間を取っています。食事と息子を幼稚園に送った後はトレーニングの時間まで日々の繰り返しタスクを行います。

集中力のある間に集中力が切れそうなタスクを持ってきた感じです。

昼からはそれこそ食後で集中力が切れますから、普段のルーチンとは違った作業をしてなるべく集中力を持続させるようにします。

まぁ切れたら切れたで、その日の状況に応じたタスクという感じですね。

朝から仕事していると夜は仕事に対しての意欲は当然激減します。以前はそれでも何らかの仕事をしていたわけですが、あまり進まないにも事実。

そこでWEB調査が終わったら風呂の時間までは学習時間にすることにしました。

 

休日

Time02

休日は夜間にどうしてもやらなければいけないタスクがあれば作業をする時間を設けて、学習・トレーニングも休みにします。

休みの日まで意気込んでも、結局メリハリがつかなくなって平日仕事にならないなんて事も経験済みなので、遊ぶときには遊ぶようにしました。

 

今回のスケジュールの特徴

トレーニングを夜・朝活時間をもう1時間早くしたかったのですが冬場ってなかなか難しいんですよね。

「寒いから今日はいいや」

絶対こんな感じで破綻するのは見えています。それで少し余裕を持たせることにしました。

また日々の作業においても完全に時間主体の作業に変えるようにしました。

あとちょっととどうしてもやってしまいがちですが、時間が来たらスパっと切り替えるのも大事。いつでも出来るという感覚が作業を遅くする原因の一つだと思います。

参考:俺流GTD-スケジュール・タスク・リマインダーの三位一体化

 

あとがき

この記事を投稿した時にはこのスケジュールで動き出していますが、実際GTDと同じでレビューしていかないとスケジュールなんて形が出来ないと思います。

年末までの試用期間で取り敢えずは暖かくなるまでのスケジュールを詰めていきたいと思います。

今回の「来年の挑戦に向けてスケジュールの組み直し」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top