仕事効率化

Things2は毎日のタスクの見直しに向いている

SPONSORED LINK

Things2

Thingsのマイナーアップデートで日付の不具合が解消されましたね。メジャーアップデートで同期が凄く快適になったのと、今日の確認という項目が増えたというのが最大の特徴だと思います。


今日の確認を使いこなす

Things2 2

この今日の確認ですが、期限をきった項目でなければここには一生表示されません。私の場合はブログの更新等「予定済」に多くの項目が入っているので毎日今日の確認に何かのタスクが表示されます。

しかしながら期限を切っていないプロジェクトなどに関しては一生今日の確認に表示されることはありません。

GTDの考え方として今できる事を行うという観点で考えればそれでいいのですが、私の場合ある程度毎日の目標として「今日の確認」に表示された方が仕事が捗るわけです。

そこで全てのプロジェクト・タスクにある程度の期限をきって「今日の確認」に表示させ仕事のはじめに今日やることの計画をまず行うようにしました。

 

見直しこそがタスクを捗らせる

GTDにしてもブレインダンプにしても、タスクの優先順位・今後の目標は日々変化していくものです。

自分の脳内の変化に対応するには、全てを書き出し項目を見直す必要があります。しかしこれを毎日大規模で行うのは逆に時間の浪費にもつながりますよね。

今回のThingsのメジャーアップデートで小規模な日々のタスクの見直しが習慣づけられるものになりました。
あとは週一回、月一回に大幅に見直せばいいというわけです。

朝一のタスクの確認・計画はその日一日のスケジュールに合わせ、今日何が出来るのが、何が行いやすいのかを見直しタスクをこなして行くスケジュールを非常に立てやすいですし、またモチベーションアップにもつながります。

こういった段取り力を習慣づけるのにもThingsは非常に便利なツールであると私は思います。

 

あとがき

Things⇒OmniFocus⇒Things2とGTDアプリを変更しつつ使っていますが、どちらも特徴があり好みの問題だと思います。

プロジェクト・タスクの管理のしやすさとしてはOmniFocusだと思いますが、ある程度自分を律して仕事が行える方向きです。

Thingsは私のようにグータラな人間に喝を入れ、タスクをある意味煽ってくれるので仕事が捗るわけですね。

Things App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,300

今回の「Things2は毎日のタスクの見直しに向いている」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top