仕事効率化

Thingsを使いこなせない全ての方へ、導入からGTDまでこれまで書いた記事をまとめました。

SPONSORED LINK

Things201401

ThingsはInfoBackerで一番取り上げたアプリであり当ブログの人気記事でもあります。ただ思いついては書きと言う事の繰り返しなので中々目的の記事にたどり着かない方もいるのではないかと思います。

そこで一度これまで書いたThingsを使いこなすための記事をまとめてみようと思います。


Things基本操作

私はMac版で管理しiPhone・iPadで閲覧やInboxに思いついた事を追加しています。そこでMac版ですがThingsの利用方法・機能解説をしています。

GTD管理アプリThingsの使い方GTD管理アプリThingsの使い方
過去記事

実際にこの記事は現在のバージョンではなく一つ前のバージョンなのでThings2の『今日の確認』に関してはこちらを合わせて確認して下さい。

Things2は毎日のタスクの見直しに向いている

 

Thingsを使ったGTDの導入

Thingsと言えばGTDですが本格的なGTDを始めるにあたってまずGTDを理解する必要があると思います。

仕事効率化【GTD】について初歩の導入からまとめました仕事効率化【GTD】について初歩の導入からまとめました
過去記事

この記事では実際に私がやっているGTDに関しての方法を書いています。そして実際にThingsにGTDを導入する方法はGTDの流れに沿って連載で書いています。

流れに沿って読んでいただければThingsでのGTDが見えてくると思います。

 

Thingsをさらに使いこなす

ThingsはOmniFocusと違ってサブプロジェクトという概念がありません。プリジェクト単位での仕事管理を考えた時に非常にやりにくさがありました。

ただThingsを長く使いエリア・タグそして『未定』を突き詰めるとサブプロジェクトが要らない事に気づいたのです。

Thingsを理解すればOmniFocusに変えたいと思わなくなった私のGTDThingsを理解すればOmniFocusに変えたいと思わなくなった私のGTD
過去記事

現在私はこの設定でThingsを使っています。GTDに関しても以前よりもゆる〜い感じで管理するようになりました。要は週次レビューで週単位の計画をキッチリしていれば、出来る事を出来る時にするなんてのは予め計画出来ているわけですね。

GTDが便利なのはイレギュラーな事態でもその都度最適なタスクが探せるところなんです。

 

ThingsとOmniFocusのどちらを購入するか悩んでいる方へ

ブロガーさんの記事を見る限り圧倒的にOmniFocusを使っている方が多いような気がします。私も実際使っていましたし、少し前まではOmnifocus2が出たら買おうかとおもっていました。

OmniFocusとThingsの細かな比較-ちょっとした事の差OmniFocusとThingsの細かな比較-ちょっとした事の差
過去記事

OmniFocus2の発表があったので、変更点についてまとめてみましたOmniFocus2の発表があったので、変更点についてまとめてみました
過去記事

現在はOmniFocus2にお金を出すのは勿体ないなぁという気持ちが強いですね。というのもThingsはThings2にアップデートでも無償だったので(勿論アップデートの規模が全然違うのでw)

Thingsが大幅アップデートで再購入になった時にまた両者の比較でいいかなぁと思っています。OmniFocus2も今年中に発売開始されるので、今悩んでいる方はそれまで待った方がいいと思います。

 

あとがき

実はこれ以上にThingsに関しての記事は書いていますが、取り敢えず使い方に悩んでいる方に役立ちそうな記事をまとめました。

少しThingsに慣れてくれば管理することが当たり前になりEverNoteと合わせればほぼ全ての資料にたどり着く事が出来るようになると思います。ただiPhoneだけでのThingsの導入は管理が非常に大変なのでMac版も購入出来る方にだけおすすめします。

Things
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,500(記事公開時)

APP STORE
Return Top