仕事効率化

【TimeHack自動化レシピ】Macデフォルトでバックアップなど自動化出来る

SPONSORED LINK

timemachine

ちょっとシリーズ化ではじようと思うのが自動化出来る事は自動にしちゃいませんか?普段時間がないとお嘆きの方は特に自分でやらなくてもよくなる設定・少額のお金でそれ以上の効果を挙げてくれるサービス。

このような自動化出来るものをドンドン使って行きましょうよって事なんです。

まず第1回目は、これだけでもMacに変える価値はある自動バックアップに関してです。


Macの自動化の考えは凄い!

私もMacに変える前はMacなんて仕事で使えないなんて思ってました。いざ使ってみると凄く便利で捗るわけです。その理由は自動バックアップの「TimeMachine」と「iCloud」の考え方にあると思います。

TimeMachineで即復旧

timemachine01

圧倒的に便利な自動バックアップシステムが「TimeMachine」です。毎日Mac内の全てを勝手に外部HDDに保存してくれるわけですが、誤って削除したファイルの復旧やOSをクリーンインストールした後に、これまでしていたMacの設定に復元することも可能です。

復旧方法もファイルを選ぶだけで、指定した日付のファイルに復元できるという簡単な仕様。過信しすぎるのも良くないですが、毎日自動で外部ファイルにバックアップを取ってくれるというのは最高です。

外部HDDでは純正のもので

USBに繋ぐこと無くバックアップを取ってくれますが、なにぶん高額ですよね。私はLACIEのHDDをUSBで繋いでいます。

iCloudがすごく便利

まず私が思うMacの基本的な使い方にファイル単位でアプリが割り当てられていると思います。ちょっと解りにくいですが例を上げてみますと

InfoBackerの記事の下書きには「Byword」を使う。WEB用html文章を書く時には「Coda」を使うというように大抵の方が使うアプリが決まっていると思います。

iCloud対応のアプリを使った場合、作成したファイルはそのアプリで使用するものですから対象のアプリからのみ開きます。設定によってはMac内にも保管できますが、基本iCloud上に保管されアプリを起動した場合だけファイルが選択出来るのです。

これが凄く便利なのは、Mac内にファイルがごちゃごちゃしない。そしてiPhoneやiPadといったモバイル端末でも同期され利用できるということです。

  • ファイルの置き場所に困らない
  • クラウドに自動で同期される

ファイルの置き場所を考える事や探すという事が無くなるのと、どの端末で作業しようが直ぐに同期されるので続きを違う端末で行うのに便利です。することは”Aをする時に使うアプリというルール付けだけですね。

Windowsユーザーならこのクラウドを使って自動化

私はMacユーザーですが、他にも使っているクラウドサービスがDropboxとSugarSyncです。

dropboxの共有機能でチームの仕事が更に快適にdropboxの共有機能でチームの仕事が更に快適に
過去記事

Dropboxをメインの作業場にすることで、ファイル自体はシームレスに使い回しが効きます。

Sugarsyncを使って日々の作業を自動保存Sugarsyncを使って日々の作業を自動保存
参考:りんご人

作業フォルダを作ってSugarsyncと同期設定すれば作業データは常にSugarsyncにバックアップされた状態になります。

TimeMachine・iCloud対応アプリが使えない場合は、このようなサービスを上手く使えば自動バックアップは可能になります。

まとめ

バックアップを毎週30分かけたとして1年で1560分ですから丸1日以上をバックアップに使う計算になります。

そんなの勿体無いですよね。

自分の環境を考え出来うる限りの時間短縮を考えれば、逆に1年で26時間好きに遊べるわけですね。

今回のTimeHackで得した時間:26時間/年

Return Top