仕事効率化

Todo管理を始めたのに管理に追われているあなたへ。「これだけはやり切る法」でTodo消化が劇的に早くなる。

SPONSORED LINK

Todocompletion01

Things半額・OmniFocusが無料期間で体験とTodo管理アプリがなんだか凄いことになってますが、このTodoに書き出しても全く達成できない方も多い、実は私もそうでした。

そこで今回は私がTodoを達成するために考え方を変えた部分について書いてみたいと思います。


【失敗】全部書き出す→効率化ばかりを考えてしまう

私がブログでよく紹介しているテーマがGTDと仕事効率化ですが、私も最初にTodoアプリを使い始めた頃、書きだしたもののタスクが増える一方で全然捗らない。

その上更に思いついたタスクを書き出しどうやればこのタスクが片付けられるのかといった効率化ばかりを考えてしまう。

こんな事を繰り返していては、Todoアプリなんて使わないほうが集中出来てたかもと今考えると思います。

でも、このTodoの管理に追われている状況こそが一番の間違いであることに気がつくと、これまでとは違った感覚で利用できるようになるのです。

 

使い方はシンプルにそして絞り込む

Todocompletion02

まず私と同じような失敗をしている方は、おそらく非常にタスクが多い方だと思います。

プロジェクトも無数にあるにも関わらず、また新しいプロジェクトを思いついてそこの内容までガンガンTodoにしてしまう。

これが続くと完全に無限ループに陥ってしまいます。

こういう方は私のやり方を参考してみて下さい

  • やり切るプロジェクトの柱を決める
  • 期限を切る(出来るだけ短期間)
  • 思いついたことはInbox(受信箱)に放り込んで週一回仕分けする

まず単純にTodoを達成するにはこなしていくしか方法はありません。
そして一番効率的にタスクをこなす方法は、数あるプロジェクトの中から一番に終わらせるものを決めて集中して終わらせます。

「出来る時に出来る事を」がGTDの考え方ですが、まずその終わらせるプロジェクト内から考えて片付けていきます。

そしてやると決めたプロジェクトはまず予想できるギリギリの時間で期限を切ってしまいます。そうすることで切迫されてプロジェクトに望む体勢がとれるのでより捗ります。

最後にそうしていてもアイデア等は当然湧きますが、まずはInboxで放置です。週一回そのInboxを含めTodoをレビュー・整理するようにすればプロジェクトがどんどん増えないので注意力散漫が解消されます。

実際は取り組むと決めた以外のTodo・プロジェクトは全て「未定・保留」にするくらいでも良いと思います。

こうすることで1つ1つ終わらせられるTodo管理が出来上がります。勿論利用によっては2つ同時進行等もあると思いますが、それでも「今週終わらせるプロジェクトはこれ」といった決め方がいいでしょう。

 

あとがき

すごく便利なるTodo管理ですが、それを管理するためにまたあれこれとしてしまうのでは本末転倒。

でも私だけでなく多くの方が陥る失敗ではないでしょうか

なかなか使いこなせない・Todoが達成できないという方はシンプルにこれだけまず終わらせるといった管理に変えればどんどんTodoが減っていくようになりますよ!

 

今回の「Todo管理を始めたのに管理に追われているあなたへ。「これだけはやり切る法」でTodo消化が劇的に早くなる。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top