仕事効率化

子供達は夏休み開始 フリーランスの苦悩

SPONSORED LINK

Workspace

いよいよ本日から夏休みが始まりました。私の家には2人の小学生の息子がいますが、フリーランス4年目ということで過去3回の夏休みを振り返ると、生産性が著しく低下した記憶が蘇ります。

これまでの失敗から今年はある秘策を考えています。


余裕があるなら事務所は他にすべき

フリーランスの仕事でもやはり金銭的に余裕があれば事務所は借りるべきだと思います。実際に出勤するという習慣は普段の生活でもメリハリが付きやすいからです。

ただ私の場合は家族の反対(恐らく帰ってこないであろうw)や貧乏性で勿体ないというのもあって自宅で仕事をしています。

自宅兼仕事場の方の話を聞くと、私以外の方も仕事とプライベートの境がぼやけて集中できなかったり、逆に仕事が頭から離れなかったりするようです。

部屋数等に余裕があれば仕事部屋を作って、仕事だけに使うというのもありですが、それも自宅の構造に左右されます。やはり出来るなら作業場を借りるくらいがいいと思います。

これまでの経験から考える「やってはいけない」仕事術

私はこれまでの子供の夏休みは時間の管理だけで何とかしようとしていました。

子供が寝ている時間が最高の仕事の時間と考えていたのです。

しかし!仕事中に騒がしい子供たちが静かな間に仕事しても昼間には勿論寝かせて貰えませんから睡眠不足になるだけ。

しかも疲れているので夜型にしたところで頭の回転は低く、ものすごく効率が悪かった。夜になんとかしようという甘えは確実に破綻するのです。

今年は2つの対策で仕事効率化を図る

まず今年は事前に一週間前から生活を見直し朝型にシフトしてます。
人にもよるとは思いますが、私は早朝が凄く仕事が捗ります。頭を使うライティング系の仕事は朝の間に終わらせています。

そして子供には朝のラジオ体操後から昼までは宿題や自分の部屋で静かに遊ぶ時間という決まりを設けました。

これで朝の間に普段の大半の仕事を終わらせてしまおうという事です。

 

また仕事の環境を以前の一番集中できていた配置に戻しました。

自宅のデッドスペースを活用してミニオフィスにしてみた自宅のデッドスペースを活用してミニオフィスにしてみた
過去記事

この状態にプラスして本日パーテーションをを購入しようと思っています。

オフィスで使うような凄いパーテーションではなく、単なる目隠しでいいかなと。「個室」を作って集中力をあげようという作戦なので、突っ張り棒から布を垂らすという感じで作れば費用も安く済みますよね。

  • 朝型+時間管理での生産性向上
  • 個室にすることでの集中力向上

この2点で夏休みを上手く乗り切ってみようと思います。

Return Top