仕事効率化

生活を見つめ直して新たに作業時間をスケジュール

SPONSORED LINK

Worktime

最近は仕事GTD関連の記事が多く完全に仕事効率化フェチになりつつありますが、GTDの収集を行った時必ず頭に浮かぶのが息子達との時間。

インドネシアに滞在した事でもっと家族での時間を作りたい。そこでフリーランスならではですが、毎日の作業時間を再スケジュールしてみました。


何故再度仕事の時間を見つめ直すのか

会社員であった時のクセというかお昼は仕事だろっていうのが頭から離れず、また夜型はダメだという思い込みが先行し、昼間に打ち合わせなどの対応をして全く仕事が進まない。

結局は家族との時間を削って仕事をしていたわけです。でも何のために仕事をしているのだろうと考えた時に、勿論生活のためなんですが家族との時間を大幅に犠牲にしてもいいのかといった家族との時間についていつも頭の片隅にあったわけです。

そこで今まで以上に余裕を持って仕事をこなして行くための時間割を考えました。

 

思い切ったスケジュールで改革

私はフリーランスだからこそ仕事の時間にこだわります。会社員ではないので好きにすればいいわけですが、それこそ好きにしちゃうとズルズルいっちゃいます。

そうならないためにも毎日の作業時間に対して人よりこだわるようにしているのです。

今回電話や打ち合わせの時間も取りつつ、家族との時間を取るために睡眠時間を減らすのではなく作業時間を変えることで余裕を持って仕事が出来るのではないかと思っています。

時間スケジュール

  • 3:00 起床-用意ができ次第作業開始
  • 7:00 作業時間1-家族で朝食後作業開始
  • 12:00 作業時間2 昼食-休憩
  • 13:00 作業時間3 開始-電話・打ち合わせ他雑用も
  • 18:00 作業終了-夕食及び家族との時間
  • 21:00 就寝

この作業時間のポイントは朝早く起きる事で昼までに8時間の作業が見込める事、また邪魔が全く入らず集中して作業が出来る点です。

  • そして、息子達が学校から帰ってくる昼間は打ち合わせや次の日の作業の準備を入れることでパソコン前でのイライラが極力少なくなります。
  • 夕食後は家族と遊んだり休憩時間にあててデスクの前には座りません。だって既に十分な作業は出来ているので余裕ですね。
    息子達と風呂に入って一緒に寝ます。寝るのが早いので睡眠時間も約6時間取れます。

    あとはやりながら運動時間なども入れつつ調整していくつもりです。

     

    あとがき

    息子達が大きくなると相手にしてくれない日が来ると思います。せめてそれまで時間を共有したいという気持ちと、作業時間にこだわるとこのようなスケジュールになりました。

    今後しばらくはこの時間で進めて、また見直し改善していくつもりです。
    またこのブログでもレビューしていきたいと思います。

     

    今回の「生活を見つめ直して新たに作業時間をスケジュール」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

    Return Top