個人のWordPress導入作戦

EverNoteを活用したブログの徹底管理術

SPONSORED LINK

EverNote

かなり便利なクラウドツール「EverNote」を使って日々更新を続けるブログを徹底管理する方法について書いてみたいと思います。


ブログの全てをEverNoteに入れるべし

ブログをやられている方は日々更新するネタの収集・アイデアを何らかの形でストックしていると思います。
またRSSリーダーなんかで収集した記事を自分の記事の肥やしにしていると思います。

これらを全てEverNoteのノートブックで管理すれば、一元管理ができて凄く便利です。

例えば
「001 ブログ名」というノートブックにサブカテゴリを作ってどんどん情報を溜めていきます。

  • 001-01 記事タイトルリスト(チェックリスト)
  • 001-02 記事ストック(書き溜めた記事)
  • 001-03 画像ストック(用意した画像・Skitchから移動)
  • 001-04 過去記事・投稿済(過去の投稿・投稿済)
  • 001-05 参考記事(今後の更新に参考になる記事)
  • 001-06 月別アクセス推移・キーワード

このようなノートブックを作ってみてはいかがでしょうか
個別に解説していくと

 

記事タイトルリスト

今後更新しようと思う記事のタイトル・キーワードを思いついたらチェックリストにしておきます。

記事を書く時のネタ帳的に使って、記事を書いたらチェックを入れて完了にします。

 

記事ストック

ブログの更新記事を前日などに書いた場合にここでストックしておきます。Blogに投稿した時点で「001-04 過去記事・投稿済」に移動させます。

休日とかで複数記事を書く事が出来た場合にストックしておくと便利ですね。

 

画像ストック

多くのブロガーの方はキャプチャアプリの「Skitch」を使われてる方が多いと思います。このSkitchはEverNoteと連携しているので、時系列で画像のストックをしておくことができます。

利点として、再度同じ画像を使うシーンはよくあると思います。

タイトルで検索して画像を引っ張り出せるのが便利です。

 

過去記事・投稿済

新しく記事を書いた時に過去記事を紹介することって多々あると思います。EverNoteに保管しておけば記事の内容からもキーワード検索が出来るので関連記事を探しやすくなります。

内部リンクの作成にも非常に活用できると思います。

 

参考記事

こちらもネタ的なものですが、RSS・はてブ等で収集した記事をストックしておきます。更新に詰まった時は勿論ですが、引用・参考等で非常に使えます。

 

月別アクセス推移・キーワード

私は月別の管理にしていますがGoogleAnalyticsの月間アクセス数・月間の訪問キーワードの推移をストックしていってます。

自分のブログの傾向・アクセスが伸びた起因、またクエリの低下等の流れがわかるようになります。

ここまでやるとほぼ一言管理が出来ていると思いますが、更にWordPressのコードなんかも保管しておいても良いかもしれませんね。

 

あとがき

最初はいちいち面倒ではありますが、慣れると流れ作業のようになるので以前よりも便利になっています。

自分のブログの成長や記事を書く自分の成長もわかっていいかと思います

もっとも私の場合は全く成長していませんけど何か?_| ̄|○

 

今回の「EverNoteを活用したブログの徹底管理術」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。

Return Top