個人のWordPress導入作戦

Googleリーダー終了準備、一応Feedlyに登録しておく

SPONSORED LINK

Feedly01

今月いっぱいでGoogleリーダーが終了ということでRSSヘビーユーザーの私は何らかの対策をとる必要があります。そこで取り敢えずGoogleリーダーからの移行先で多くの方が使ってるっぽいFeedlyにGoogleリーダーを移行させておきました。


Feedly移行方法

手順的には全然難しくないんですが、私は普段Safariを使っているので表示がSafariになっていますが、Chromeや火狐でも登録方法は同じだと思います。

Feedlyへアクセスします。ここで開いたブラウザの拡張機能がダウンロード出来るように表示されているのでインストールして下さい。インストール後直ぐにGoogleリーダーとの同期を聞かれます。

Feedly02

青いボタンで表示されている部分をクリックするとGoogleリーダーと同期が開始します。やることと言えばたったこれだけです。

Feedly03

Feedlyではこのような表示になっています。なかなか見やすそうですね。

ただ私は情報を見るだけでなく様々なサービスと連携したいのでFeedly単体で使うことはありません。

Feedlyに登録したのはReederを快適に使うため

私は普段ReederというRSS購読アプリを使っています。Mac・iPad・iPhoneの全てに入れています。殆どがMacで見ているわけですが、たまに外出先で時間があれば見るわけですね。

iPhoneのReederがローカルでRSSFeedの管理が出来るようになっているのでMacもiPhoneもローカルでいいやと思っていました。

iPhoneローカル保存方法

しかしネタフルのコグレさんも書かれているようにiCloud同期対応してくれないと問題ありなんです。

普段Macで見ているのですが、たまにiPhoneで開いた時にローカル故に者動い数のRSSがたまってしまいます。自動削除の頻度を上げればいいのかもしれませんが、それでは見ていない記事まで消えちゃうんです。

これはローカルでの管理は厳しいなぁという結論に達した事からFeedlyを介して同期させる方法にかえる準備と言うわけです。

ReederがFeedlyにどうやら対応するようなので、アップデート待ちですね。

Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

あとがき

取り敢えず自分がRSSを読むための対策はしたわけですが、ブロガーとしてしておいたほうがいいのはFeedly対策です。

Googleリーダー廃止も近いのでブログにFeedly登録用のボタンを設置しました。 | ジョナサンブログ

Googleリーダーからの移行者が多いFeedlyへの登録ボタンの設置はしておいたほうが良いかもしれませんね。

Return Top