個人のWordPress導入作戦

WordPressの閲覧にパスワードを付けるプラグイン『Password Protected』

SPONSORED LINK

Passwordprotected

WordPressはブログとしてだけでなく様々な用途に利用できるCMSなんですが、本日同窓会用のサイトを作成していましてプライベートな写真が満載なんですよ。

私は良くても全員がネットで自分の写真を公開されるのって抵抗がある方も多いと思います。そういう時に非常に便利なのが『Password Protected』というプラグイン。WordPressで作成したサイトにパスワード認証を簡単につけることが出来ます。


BASIC認証より優れている点

いやいやBASIC認証でいいんじゃないの?って思われるかかもしれませんが実際ID・PASSと両方を覚えておいて貰うのってネットが大好きorPC・スマホ機能に精通している方でないと難しい。

いちいちパスワード何だった?なんて面倒な問い合わせは極力無くしたい。そこで今回導入した「Password Protected」ではPasswordだけを覚えるだけでいいんです。

このサイトを利用する方が誰でもわかるPasswordにして伝えておけばOK!

Password Protected設定方法

設定も超簡単で「Password Protected」をプラグイン検索から検索してインストールし有効にします。

Passwordprotected 02

Enabledにチェックが入っているのを確認しNewPasswordを2回入力するだけ

そしてブラウザで確認すると
Passwordprotected 01

Password入力画面が表示されます。もちろん先ほど設定したPasswordを入力することでサイト内を見ることが出来ます。

まとめ-私が思う活用法

最初に書きましたがWordPressは単純にブログとしてだけの利用では勿体無いです。

ギャラリーなんかも有効に使って思い出を公開・共有するためのサイト作成も非常に簡単です。

  • 同窓会
  • 結婚式
  • スポーツのチームアルバム
  • 旅行の思い出を家族で共有
  • 子供の成長記録を家族で共有

もう何でも出来ますよね。ただそれだけにドメインやサーバーを取得するのは勿体無いのでサブドメインを設定しちゃえばいいんです。(サーバー+ドメイン代は会費があるなら問題ないです)

ちょっとプライベートな写真が多くて認証に悩んでいる方はWordPressのプラグイン『Password Protected』が非常におすすめです。

Return Top