個人のWordPress導入作戦

WordPressでサブドメイン使用時の設定と301リダイレクトさせるプラグイン『Redirections』

SPONSORED LINK

Redirections01

WordPressをサブドメインで運営しようと思った時の設定方法と301リダイレクトを管理してくれるプラグイン『Redirections』が便利なので覚書として書いてみます。


サブドメイン・301リダイレクトってなんだ?

以前このブログでサブドメイン・301リダイレクトについては詳しく書いています。
参照:【WEB初心者】サブドメインを作った時にする301リダイレクト(.htaccessを使ったやり方)

要は既に使っているドメインに若干内容が異なるブログを設置する場合ドメインの頭にサブタイトルを付けたドメインを作って運営する方法です。

例 http://abc.com/⇒http://○○○.abc.com/

このサブドメインはレンタルサーバーで設定するのですが、大体の場合がディレクトリ階層に作られます。そうした場合ディレクトリでもサブドメインでも閲覧できちゃうわけですね。

例 http://○○○.abc.com/=http://abc.com/○○○/のどちらも内容は同じ

これって同じサイトが2つあるって事になっちゃうので、それを防ぐためにディレクトリに来たアクセスもサブドメインに飛ばしちゃうしかも「永久移転」でというのが301リダイレクトです。

以前は.htaccessを使ったやり方を書きましたがWordPressなら.htaccessいらずなんです。

WordPressをサブドメインに設定

まず管理画面から設定⇒一般を選んで下さい。

Redirections02

WordPressのアドレス・サイトのアドレスが両方ディレクトリになっているので、両方サブドメインに変更します。

これでWordPressのアドレスはサブドメインに変更されていますが、問題なのはディレクトリでも表示されてします事です。それをプラグイン『Redirections』を使って301リダイレクトさせます。

Redirectionsを使った301リダイレクト

プラグイン新規追加で『Redirections』を検索しインストールします。

Redirections03

ここで転送ルールを追加します。

  1. ソースURL(ディレクトリアドレス)を入力
  2. ターゲットURL(サブドメイン)を入力
  3. 新しい転送ルールを追加(青ボタン)

たったこれだけの手順で301リダイレクトの設定は完了です。これで何かの間違いでディレクトリから来たユーザーもサブドメインに転送してくれます。(SEO的にも重要!)

まとめ

サブドメインで運営する同窓会用のサイトを作るのにちょうど使ったので覚書として書きました。WordPressのサブドメイン設定に悩んだ時に参考にして下さい。

またこのRedirectionsというプラグイン他にも様々な事に使えると思います。アフィリエイトでの広告管理なんかにも有効かもしれません。

色々と模索して良い使い方があれば教えて下さいね!

Return Top