個人のWordPress導入作戦

WORDPRESSの重複コンテンツについて修正してみました。

SPONSORED LINK

Wp check01

何気にこのブログのWEBマスターツールをみててびっくりしたのが、上の図にある『重複するメタデータ』が271ページも!パンダさんの影響を受けるとしたらこれかぁって事で修正しました。

覚書と言うこともあり修正した内容を書いておこうと思います。


重複コンテンツの原因を探る

まずは何がどのように重複しているのか探ってみます。

WEBマスターツール左メニューの最適化>HTMLの改善でみると

Wp check02

  • 重複するメタデータ(descriptions):271ページ
  • タイトルタグの重複:251ページ

まず気になったのがタイトルタグの重複、そういえば最初に設定してから放置だったもんなぁと反省しながら、どうせカテゴリーとかだろと思いつつみてみると

Wp check03

『下側のPage/2/とかの表示がカテゴリーページのタイトル重複です。』しかしもう一つ
『img=link,view=co_list』ってなんだこれ??

 

img=linkはKtai Styleに原因が、停止かcanonicalを設定せよ!

早速ググってみると
参考:WordPressの重複コンテンツやタイトルタグの重複対策!Ktai Style導入ブログで発生

へぇKtai Styleって『rel=”canonical” 』が反映されないんだぁ、まぁKtai Styleなんて俺いれてねぇし、と思いつつもプラグインを確認したところ

Wp check04

あった!
いつの間にか設定していたようです。Analyticsでガラケーからのアクセスを確認しほぼないのが分かった所で『Ktai Style停止』

これで1つのタイトル重複問題はそのうち解決すると思います。

 

カテゴリー他をHeadSpace2で修正する

もう一つの重複問題、タイトルとディスクリプションについてですが残りは完全にタグ・アーカイブ・カテゴリーです。

実際これらは『noindex』にしちゃってもよかったんですが、まぁ取り敢えず今回はプラグイン『HeadSpace2』を入れているのでそこで修正しちゃいます。

注:All in One SEOを入れている方は競合するのでそちらで直しましょう。

Wp check05

設定は簡単HeadSpace2のメタを使って、修正したい部分に対して当てはめます。上記の画像ではカテゴリーにページタイトルでは『カテゴリー名 | ページ番号』、Descriptionでは『カテゴリーの説明文 | ページ番号』という表示に取り敢えず変えました。

これで恐らく殆どの重複問題が解決したと思います。

 

あとがき

まぁ気休め程度かもしれませんが、SEOを意識している方には大事なことだと思います。

実際今回の変更が反映されるまで暫く時間がかかるので、取り敢えずは通常営業ですね。
また修正されたら記事にしてみようと思います。

今回の「WORDPRESSの重複コンテンツについて修正してみました。」はいかがでしたでしょうか?もしこの記事があなたのお役に立ちましたらお友達にシェアしてあげて下さいね。 @dnc_akiraでした。

Return Top