個人のWordPress導入作戦

WordPressデザインブックで簡単にオリジナルテーマを作成

SPONSORED LINK

Wpbook

WordPressデザインブックを利用しコードなんて解んねぇよってレベルの方でも簡単に、早くWordPressを自分の好みのオリジナルテーマで始める方法を解説しようと思います。

私自身約1日の作業でこのブログをリニューアルしたわけですが、実はIE表示だけまだ見てなくて(見るのが恐いw)本日少々手直しをしないといけないなぁと思ってるのですが、WordPressをカスタマイズするに当たってWordPressデザインブックが非常に簡単だとわかりました。

 

WordPressをカスタマイズするのに必要な事が不要に

WordPressのテーマをカスタマイズしようと思ったら、HTML/CSSの知識だけでなくPHPの知識がないと出来ないという障壁がありました。

このデザインブックを使うとそれらの障壁が一気に取り除かれるのです。

 

デザインブックの利点

実際ブログをWordPressで始めたいと言う方でWebデザイナーでもなければ、本気で覚える必要なんてないので無料で配布されているテーマを使ったりすれば良いのですが

この無料で配布されてるテーマのデザインを少し好みに変更したいって時に「何処を弄ればいいのか解んね〜」ってなると思います。

それに対してこのデザインブックはCSSに書かれている意味を横に記述しています。(赤枠部分)

Designbook

これで何処を触ればWordPressのどの部分が変わるか一目瞭然ですね。

 

デザインブックの活用方法

デザインブックを使った簡単なテーマ変更の手順を書くと

  1. まず内容をひと通り目を通す感じで(タイトルだけOK)必要な箇所、必要でない箇所をチェックしておきます。
  2. ローカル環境で構築できない方は、書籍のなかに章毎に完了しているテンプレートが付属されているのでそれを自分の好みに合わせてサーバーにアップしちゃいましょう(因みにオススメは4章付近ですね。(あとはプラグインとCSSをちょっと追加で対応できたりします。)
  3. 最初に目を通しておいた残りの必要な箇所をコピペで改変していきます。
  4. 本を見ながら自分の好みにCSSを変更していきます。

基本コピペだけなんで簡単にテーマ変更が可能ですね。最後のCSSにしても上の写真のようにCSSの意味が書いてあるから弄りやすいです。

ちなみにさっぱりCSSわかんね〜ってかたは「超初心者のスタイルシート」がおすすめ

 

ちょっと自分独自のテーマを作成したいと言う方には非常に簡単に変更出来る内容になっていると思います。ただし!それほどこだわらない方は無料で配布されているテーマの方がずっと綺麗という場合もあるので、無料テーマから探してみましょう。

Return Top